結婚準備の楽しみのひとつ!ウェディングドレスを見るときのポイント

予算は大丈夫?見積もりとチェック

選ぶドレスによって、大幅に見積もりから衣裳代がアップしてしまった。というのはよくある話。結婚式のメインのひとつでもあるのが「ウェディングドレス」。そのため、結婚費用のなかでも衣裳代は思ったよりかかります。「最初の見積もりと全く違う!」とならないために、見積もりの時点で衣裳代を高めに設定してもらうようにすることがおすすめ!一生に一度の晴れ着だからこそ、後悔しないものを選びましょう。見積もりの時点で高めの金額設定だと、実際とのギャップも少なくて済みますよ。

「ホワイト」にもたくさん種類がある?!

ウェディングドレスといえば、やっぱり「純白」!しかし、ホワイトといっても種類があるのです。まぶしいほど本当に真っ白のホワイトから、少し落ち着きのあるピュアホワイト。日本人の肌に一番なじむとされているオフホワイト、シャンパンやアイボリーなど、真っ白から黄色がかったものまであります。実際の顔立ちや肌の色によって、似合う色は十人十色!いろんなホワイトのドレスを実際に試着してみましょう。特に海外ものは、外国の方の肌の色に合うよう作られているので要注意。

親しい人、同性の意見はとっても大事!

普段の洋服でもわかるように、自分が「好きなデザイン」と「実際に似合うデザイン」は異なることが多いです。ウェディングドレスも例外ではありません。ふわっふわなプリンセスラインのドレスが好きだけれど、意外と似合うのはシンプルなAラインだった。なんてことも多いのです。好きなデザインももちろん、それ以外のラインやデザインもすべて試着することがおすすめ!できれば親しい方や身内と一緒に見に行ってもらい、客観的に見てもらいましょう。似合わないと諦めていたラインも、意外と似合うかもしれません。

福岡の結婚式場では、専属のプランナーによる丁寧な対応が魅力で、希望に沿ったプラン選びをスムーズに行えます。