どうやって決めたらいいの!?婚約指輪の選び方

相場と買い方について

婚約指輪の価格は給料三ヶ月と言われることもありますが、実際は30万円前後が大体の相場となります。なので無理して給料三ヶ月の指輪を探す必要はありません。また買い方に関しては、指輪や宝石などの専門店を利用するのが一般的ですね。ただし事前にお店の情報をインターネットでチェックしたり、オーダーメイドで作ってもらえるかなど調べておいたほうが良いです。ちなみにオーダーメイドの場合は店内に相談役が配置されていることもありますね。

宝石が必要かどうかについて

婚約指輪というと宝石が付いているのが一般的ですが、必ずしも必要というわけではありません。ただし割合でいうとダイヤモンドの婚約指輪をプレゼントする男性が多いのも事実です。ダイヤモンドは大きさ、透明度、デザインなどで価格が大きく変わるので注意して選びましょう。ちなみにダイヤモンド以外にもサファイア、ルビー、パールなど様々な婚約指輪があります。それぞれ石言葉があるので、それに合わせて購入しても構いませんよ。

加工してもらうことも可能

元々所有している指輪を加工してもらい、婚約指輪にするといったことも可能です。大きめのダイヤモンドが付いている指輪であれば、今風のデザインを変更することもできますよ。またリングに関しても多少の変更は可能ですし、ゴールドやプラチナなどを新たに混ぜて加工するといった技術もあります。加工技術が進歩した影響もあり、費用も新しく購入にするのに比べると大抵は安く済ませられます。お金と相談してどういった方法が良いか決めましょう。

婚約指輪を差し出しながら「結婚してください」と言うのは、プロポーズの王道です。でも、彼女の好みがわからない男性は多いのではないでしょうか。プロポーズの後で一緒に選びに行くのも選択肢の一つだと思います。