身近な人のみを招待して行う結婚式のメリットとは

お互いの友人同士が仲良くなれる

一生に一度行われる結婚式。結婚式にいろいろな期待を膨らませる女性も多いかと思いますが、近年では、あえて身近な人たちだけを招待して行う結婚式も人気をあげています。そこでそのスタイルの結婚式のメリットを紹介します。そのメリットのひとつめに新郎新婦のお互いの友人が仲良くなれるということがあげられます。一般的な結婚式の場合、顔の知らないゲストと話す機会はあまりありません。しかしゲストが少人数ともなれば、ゲスト同士の交流も深まることでしょう。

ひとりひとりの好みに合わせたギフトを選択できる

一般的な結婚式ではゲストひとりひとりに合わせたギフトや引き出物を用意することは難しいでしょう。しかし身近な人だけの少人数であれば、新郎新婦がひとりひとりのことを考えて、引き出物の内容を変えることができます。特にお世話になった人へは少し高めのものを、友人の趣味を知っていればそれにあったものを選ぶことが可能です。また、大人数の結婚式では、引き出物は事前にテーブルの近くへ準備されますが、ゲストひとりひとりに感謝の気持ちを込めて手渡しすることができます。

ひとりひとりに感謝の気持ちを伝えることができる

身近な人だけで行う結婚式の一番のメリットは、大好きな人たちに囲まれながら結婚式を挙げることができ、感謝の気持ちを伝えやすいということといえます。このスタイルの結婚式では義理で呼ぶゲストはいません。出席者は全員、家族や親類、仲の良い友人や特別にお世話になった人といえます。人数が多ければ多いほどひとりひとりと話す時間はなくなります。人数が少なければ話をする時間も多くとることができ、写真撮影にも時間をとることができるでしょう。

家族婚とは、新郎新婦とその両親、兄弟だけが出席しておこなう結婚式です。挙式だけの場合と、挙式と会食を組み合わせる場合があります。